2012年02月29日

心配性

おはようございます!

東京は朝から、雪が降り、すこしずつ、積もり始めてきました

さて、前回のブログにも書きましたが、私の心配性が子供たちを神経質にしていました

以前は、夜目が覚めると(子供が学校へ行くときに、事故にあったらどうしよう。。。。
  通り魔にあったらどうしよう。。。と考えると眠れないときもあったくらい。。)

ですから、私自身が変わるためには、子供が学校へ行くときには、「いってらっしゃ〜〜い」で充分.

「気をつけてね」は、言わない。。

そのようにご指導いただいていました。
復学後もしばらくは、ずっと守っていました
かたくなに。。。

不自然なところがいくつかあったかもしれませんね
数年がたつうちに、子供も変わってきてからは、私自身もだんだんと自然に子供たちを接することができてきました



さきほど、主人が出勤しました

そのときにね、主人が「気をつけてね」と言ってくれたのです

私は、チャリで、メール便を配るお仕事をしているので、そのことを心配してくれたのです

いつもそんなことは言わない主人からの一言がとっても嬉しかったです

心配されていると思うと嬉しいものですね

ですから、子供には今は「気をつけてね〜〜」と言っています

大学に行くときには、もちろん言っていませんが、雪が降っているときや、台風、そして、バイクで出かけるときには結構言っています

バイクに乗ることは、心配していることはよく話していますので。。

まとまらなくなりましたが、みなさんも雪が降っている地域の方は、気をつけてくださいね
posted by テンテン at 07:06| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
体調の方は大丈夫ですか?熱が出るとしんどいですね。
このところ寒かったり、暖かかったりで、衣類の調節が
難しいですが、お大事になさってください。

前の記事にコメントで申し訳ないですが・・・

>復学後もしばらくは、ずっと守っていました
>かたくなに。。。
>不自然なところがいくつかあったかもしれませんね
>数年がたつうちに、子供も変わってきてからは、私自身
>もだんだんと自然に子供たちを接することができてきました

この辺の感じ、私もありました。私には心配性もあったけ
れど、何より干渉する気持ちが強く、考えるより前に習慣
的に口がでるって感じでした。

先に注意するのが私の仕事って感じで、何でも言ってまし
たから、先生に指摘されてからは、かたくなに、ぎこちな
くやってたと思います。そうしなければ、黙ることができ
なかったので。

それが今ではあまり何も考えずに普通にしゃべっていま
す。私も「気を付けてね」ーいつもと違うところへ行くと
きなどは言うようになってます。

もしかすると言い過ぎな場面もあるのかもしれないけど、
子供の方から「わかってるよ」「心配しなくても大丈夫」
など返事がかえってくることで、こういうときは言わなく
てもいいんだなとか、目と目で通じ合う〜って感じで十分
なんだなとか、そういうことを考えたりします。

人にとって言葉は大事だけど、他にも伝え方はあることを
学びました。

>心配されていると思うと嬉しいものですね

ご主人とのやり取り〜素敵ですね。
たぶんテンテンさんがお子さんのことを通じて試行錯誤
されたことが、こういう喜びにつながっていると思いま
した。

Posted by メリーベル at 2012年03月26日 09:08
メリーベルさん、こんにちは!
おかげさまで、だいぶ調子よくなってきました
しばらくぶりの風邪でしたので、きつかったです。。
ご心配してくれてありがとうございます

メリーベルさんは、過干渉だったのですね〜〜

こちらが変わってくると、お子さんのほうが間違っていることを指摘してくれたりして、子供のほうが正直ですね

同じ言葉がけでも、温かい言葉やさらっと言えば、子供にとってはそんな負担にならないこともありますものね。。。

Posted by テンテン at 2012年03月28日 07:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/254671427

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。