2009年07月18日

お盆

先日、お盆で、ご先祖さまをお迎えし、無事父とお見送りもできました。
そうなんですね〜〜、東京は7月がお盆なんです

そんなときに、お知り合いの方にお会いし「お盆さまね〜〜、もうお迎えしたの?」なんてお話をしばらく立ち話でしました
その方のお父様が幼少のころなくなったので、お母様の思い出しかないことなどを話してくださいました。

そして私も、年の離れた姉が3歳で亡くなったので、私を生んでくれたことなど聞いてくださったり。。。

そして、その方は最後に「このお盆の時にあなたとこんなお話ができたこと嬉しいわ、ありがとうね、これからもどうぞよろしくね」と。

私より20歳も年上のその方が私なんかにそういう気持ちになってくださったことに、頭が下がる思いで、受け止めました。

ほんの数分のことでしたが、また「感謝の気持ちの大切さ」を教えていただいたひと時でした。
posted by テンテン at 07:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

夏休み

もうすぐ夏休み
今年はあと3日も登校すると夏休みになるようです。

息子は、夏休みに、400CCのバイクの免許を取るらしく、時々、教習所から封書が届いています。
先日も「10万位かかるらしいよ」と言っていましたが、友達と下見に行っているみたいです。

それから、髪の毛も染めるそうです。
1年の中で一番長いお休みに入るので、一度は染めてみたいですね。

そして、年末に種子島に転校していった親友の家に、今度は次男がお邪魔することになっています


高校2年の夏休み
想い出たくさんの夏休みになるといいな〜^と思っています
posted by テンテン at 18:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

久しぶりの風邪

先日、夕寝(?)から起きた次男
子「なんか、だるくて、微熱があるみたい」
母「あら〜そうなの」
子「37度くらいあるんだ」
母「そうか〜〜」
子「裸で寝ながら扇風機やっていたのが悪かったのかな?なんかだんだんだるくなってきたし。。」
母「そうか〜〜、それは、だるくなるかもね〜〜」

夕飯もあまり食べずに、洗面台でドライヤーをやっているので「今日何かあったかしら?」と聞くと「塾だよ」
「あらあ^そうだったっけ?」
「月曜日と木曜日って言ってなかったっけ?」
「忘れてたわ」

金曜日から定期テストが始まっているので家を出る前に「37度4分ある」と言って出かけて行きました。

そして昨日の朝は37度8分ありましたが、薬を飲んでなんとか家を出ました。

今日明日がはさんでいて、よかったです。
夕べも37度1分まで下がったと言っていましたので。。



posted by テンテン at 07:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

やっと動き出した兄

先日、兄が、家にこもっているようで、内心心配していた主人と私。
いよいよ1か月前から、バイトを始めました。

最初のバイト先では面接でおとされ、二つ目のバイトが続いています。
スーパーの品出しをしているようで、腰が痛くなることや、お客さんにいろいろ聞かれたりすることなど聞いています。

とりあえず、2学年になり、単位の不足を補うように、ほぼ毎日、大学へ行っているようです。

「あまり面白くない時間があってもその時間があるからこそ、今度楽しい時間の大切さなどを実感するのよ〜〜」と同じ勉強をしたお母さんにお話ししてもらったことを思い出します。


posted by テンテン at 17:52| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

7周年

先日ノエルさんのお嬢さんが再登校された記念日を読ませていただきましたが、我が家も本日が記念日です
早いもので、今年で7年たちました。
つくづく、平凡な日々の幸せを感じさせて頂ける1日です。

タイミングよく、親友夫婦から、週末の飲み会のお誘いがあったので、祝杯をあげられそう〜(笑)

そして、お世話になった先生方に連絡させていただくと、U先生からメールをいただき、またまた嬉しさいっぱいになりました。

次男はU先生が大好きで、不登校中はもちろん、再登校後も何度もきていただくたびに、喜んでいました。
ある日も先生にべったりで、ついに睡魔に負けて、リビングにいる先生のそばで寝てしまったことを思い出します。

きっと今でも大好きなのだろうな〜〜と思います。

これからも、こんな日々が続くように、お世話になった方々に感謝し、私自身、勉強し続けたいと思っています。

posted by テンテン at 17:22| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

さわやか季節

いつものことながら、ブログをおおさぼり。。。
これじゃいかんとじぶんを奮い立たせて、ここにいます。

季節は、春から初夏?にかわり、すがすがしい日々が過ぎていますね

日曜日には、主人と多摩川の河原を19キロウォーキングし、二男からバイト先で押し売りされたケーキを母の日にもらって、平凡な日々の幸せに浸っています・・

と、言っても小さなことはいろいろありますが。。。

先日もお弁当を忘れたと思って「お弁当忘れているよ〜〜」と玄関にいる子供に言うと「今日から試験!」

(まぁ、すっかり忘れていました。。子供からも試験という雰囲気が伝わらなかったし。。。笑)

それから、試験日なのに、夜の8時まで帰宅しない子ども。

確かバイト料が入ったばかりなので。。自分でお昼を食べているのかな?と思いつつ夜になってメールで「どこにいるの?心配しています」と送ると「バイトやねん」となぜか大阪弁みたい。。
「今から帰るぞ〜〜〜〜」と返ってきました。
母の気持ち伝わったでしょう〜〜。

そんな毎日なのなのです。
posted by テンテン at 17:04| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

集会2

先日の集会でお話ししたことの第2弾です

一人のお母さんのお友達のお話。
もちろん、ほぼ同年代ですが、男の人にナンパされることがとっても多いそうなのです。

本人は、あまり多いので、清楚さがないのが原因?と悩んでいるそうなのですが、小さい頃から「かわいい、かわいい」と言われて育ってきたので、彼女は自分でも自信はあるとのこと。

「どうして、○○さんは、かわいくて、話も上手だけど、もてないの?」と反対にいわれるそうですが、本人は母親にけなされて育ってきたので、そういわれるとうれしいものの、自信にはつながらないそうなのです。

やっぱり、母親の言葉というものは子供に大きな影響があるのね〜^という話になったのですが。。。。

そう、私自身も母親に「亡くなったお前の姉は、美人で頭もよさそうだったのに。。。」と言われることが多かったので、自信があるとは言えない自分がいます。。。

振り返ってみると自分の子供に対しての気持ち、言葉の重さを痛烈に感じるお話でした。
posted by テンテン at 17:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

集会

昨夜は、不登校を乗り越えたお母さん方と飲み会をしました〜〜。
おしゃれな代官山を歩き、おしゃれな居酒屋で、家では食べれない芸術品のようなきれいなシシャモを炭火で焼いて食べ、とっても夢心地のようなひと時を過ごさせてもらいました。

年代的にも誰かのお子さんが毎年受験を経験しているのですが、今回も一人のお母さんのお子さんがダブル受験でしたので、そんな経験のお話なども聞けました。
そんななかこんな話題になったのです。

「誰々はどこそこの大学へ合格したんだって!すごいね」と子供に話すことに対してあるお母さんは「それって、親の価値観?言ってても良いこと〜〜?」(もちろんやんわりですよ〜〜)

すると「世間ではそんなことって当たり前だから(例えば東大に受かったらもちろんすごいとおもうことなど)言ってもいいと思うわ〜〜」

「裏言葉ということを教えてもらったから、良い大学へ入ったからすごいということは、あまり有名ではないところは。。。と考えてしまうわ〜〜」と。。。

活字にしてしまうと、確かに、有名な大学へ入学した子はすごくて、ほかの大学へ入学した子はすごくないということになってしまいますが、お母さんの話し方によっても子供の受け取り方は変わってくると思うのです。

そのお母さんは、とってもさばさばしていて、聞いているお子さんもきっと一般的な話として聞いているように感じたので、それもありかな〜^と思いました。

あ〜〜あそれにしても、夜中にお茶して、チーズケーキを食べたのが今もおなかにのこている感じです〜〜。

また、会いたいな〜〜



posted by テンテン at 08:04| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

心配なこと

町内会長をされた方が亡くなり、告別式に行った時のこと。
そのお孫さんは、次男より1歳下ですが、中学で同じ野球部ということもあり、時々おしゃべりしていました。
が。。。2年前くらいにお引っ越しされてしまい、全く会うこともなくなってしまったのですが、そのお子さんのお話になり、初めて2年前くらいから中学へ行かなくなってしまったことを聞きました。

とても元気で、やんちゃタイプに見えましたが、今は、お父さんと別居しているため、お母さんと二人暮らし。
ほとんど家から出ないということでした。

もっと早く聞いていたら、私ができることがあったのではないかと思っています。

高校が決まっていなくても、何か手立てはあるものか???

そのお子さんのおばさんにあたる方とは、町会の役員で一緒なのでうちの子も同じ経験をしたことをお話ししたのですが、もう一つお話が進みませんでした。

とても気がかりなのですが、どうしたらよいものか考えているところです。。。。
posted by テンテン at 17:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

侍ジャパンおめでとう!!

ついにやりました〜〜〜!!

侍ジャパン世界一!!

予選から主人や子供たちから声援を送る私は、ちょっとうるさがれていましたほど、声を大にして応援していました。(笑)

この数日間は、仕事を急いで終わらせて、テレビにくぎづけでした。

子どもたちも少年野球から数年間携わったので、野球は興味あるようでいつもはお昼ころ起きる兄貴も、5時まで起きていたらしく、朝一で観ていました。

特に今日の試合は、目が離せませんでしたね〜〜。

イチローのあの2塁打には、鳥肌が立ち、なんだか、涙もちょちょぎれそうになりました。。

本当に本当によかったです。

この感激を私たちに分けてくれた選手や監督、すべての人に感謝したいです。
スポーツっていいですね。

posted by テンテン at 18:39| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。